改善策を聞いたところ、食事療法とウォーキング(有酸素運動)を勧められ、・食事は1日3食バランス良く(う〜ん)・しかも腹八分目

ダイエットしても全然変わらないと、やる気もでません。しか〜し!楽をしてダイエットなんてできません。


私たちの体には生体恒常性機能と言うものがあります。簡単に言えば環境適応力の事です。


間食はせず、おやつなどは食事の時間まで取っておいて食事の後に食べるようにすれば、おやつの量も減らすことができるはずです♪


この世の中にどうしても必要な物・・・・・その中の1つに入るものが水です。人間の体の60%は水で出来ています。


・間食はせず、寝る前には食べない(頑張ります)・甘いもの、塩分も控えめ(努力します)・お酒も控えめ(これは大丈夫!)


栄養がどれほど大切かを思い知らされました。別にプロテインに限るものではありません。栄養です。今では元気で重労働さえできます。


夜間でも眩しくなくなりましたし、涙が出る事もなくなってきました。おまけに、おまけに、夜間のトイレが近かったのですが朝まで眠れるようになりました。


無理なダイエットをして身体を反対に壊してしまったり・・・


腰痛のないときに運動を行えば腰痛予防にもなりますし、速度を上げればシェイプアップ効果も期待できるかもしれません。


エステサロンのメニューはダイエット、脱毛、リラクゼーションなど沢山のメニューが用意されていますので、目的と予算をはっきりと告げてメニュー選択をしてきたいですね。最近話題のメタボリックシンドロームやセルライト対策、そしてヒーリング・リラクゼーションのためのアロマテラピー、タラソテラピー、リフレクソロジーなどはエステメニューの大人気、一押しメニューですので是非体験してみてください。


「りんごダイエットが向いている人」は内臓脂肪型肥満脂肪食の多い人・・・です。りんごポリフェノールの中のプロシアニジンが脂肪の吸収を抑えてくれます。1日にりんごポリフェノール400ミリグラム:青りんごにして2個分を摂取したいですね。


ダイエットとは、身体の状態を変化させることなのです。身体のメカニズムをしっかりと知っている上で作られているダイエットが絶対に不可欠なのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。